テーマ:音楽

何が起こるかノーバディノウズ~『crystal』感想

さて6人体制第2弾シングルです。 こうやって一歩一歩、6人でのカラーを作り上げて行くのね。 と信じたい。 『crystal』 初聞きはドラマ『トレース』のエンディング。 映像のバックの音で聞いたからか、デジタル音部分がすごく耳に残って、『Black of night』に似てるなあと。 6人での2枚目で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上々颱風とクレイジーキャッツ、そしてV6

さて。 4月15日に、ストレートパンチを右頬にまともに食らってダウン。 ようやくよろよろと立ち上がりかけたところで、今度は左からパンチが飛んできて、これまたまともに食らい、地面に倒れる。 この2発目のパンチが、どうかすると1発目より重くて、なかなか立ち上がれないでいました・・・。 それでも何とかかんとかよっこらしょと、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォークマンをレスキューレスキュー・2

 友人とランチに出かけた帰り、土曜日の夕方5時頃、SONYの秋葉原サービスステーションに向かう(日祝日は休みだけど、土曜日は午後6時まで営業している)。  「秋葉原」サービスステーションだが、最寄り駅は銀座線・末広町。歩いて5分弱。普通のオフィスビルの1階にある。  土曜の夕方のせいか結構混んでいて、3つのカウンター全部にお客さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォークマンをレスキューレスキュー・1

 ウォークマンの充電池が保たなくなってきた。  何より困るのは、充電表示があてにならなくなってきたことだ。  満タン充電したはずなのに10分ほど聞いただけで容量表示が半分になってしまったり、朝、充電なくなりますよ~と表示が点滅した状態で電源を落としたのに、夕方に再起動したら満タン表示になっていたり。  クリスマスシーズンだったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法~10/18 V6コンサートツアー『The ONES』・1※ネタばれあり

今回のV6ツアー、本当は行けなかったはずなんですよ。 抽選全落ちで。 でも、友人の連れの方が私に譲ってくださって…。 本当にありがとうございます。このご恩は一生忘れませんm(_ _)m それでは本編。 V6コンサートではおなじみの、乱舞するレーザービームにサーチライト、動くLEDパネルなど、最新技術を駆使した演出が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録『ジャム』感想2

4.なぐりガキBEAT 正直、シングルとしては今一つインパクトなかった(^^;)。 でもアルバムの1曲として聞くと、「スカ」という独特の曲調が、アルバムをよりバラエティーに富んだ雰囲気にするのに一役買っていて、いい感じです。 5.夢への帰り道 淡々としたバラードを抑え目に歌っているせいか、聞くたびにじわじわと染み込んでく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録『ジャム』感想1

だらだら書いてたらライブが先に来ちゃった(^^)。 けど、このアルバムに関しては、備忘録としてでも書き残しておかねばと思って。 関ジャニ∞のターニングポイントになるアルバムでしょうから。 1.罪と夏 去年の夏シングル。発売当初の感想は、今読み返してもほんと、スネまくってますね。何しろ去年はリサイタル全落ちした上に、入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『The Covers』

舞台『戸惑いの惑星』宣伝露出ラッシュで、何よりも楽しみにしていた『The Covers』。 一体どんな歌をカバーしてくれるのだろう…と期待しつつ、フタを開けてみると山口百恵さん『絶体絶命』と少年隊『まいったネ、今夜』。 ん?『絶体絶命』? 少年隊はわかるけど、百恵ちゃんは選曲意図全くわからず。ジュニア時代にでも歌ったか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『WAになっておどろう』に泣かされた日

あけましておめでとうございます。 例年のごとく、松の内が開け切ってからのスタートです。 今年もこんな感じで、全くタイムリーでなく、マイペースにやっていきます。 よろしくお願いいたします。 2016年紅白歌合戦。 エイトはトップバッターの重責を、きっちり果たしたと思います。 今年発表の歌を歌わせてもらえなかったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『NOROSHI』・2

『ハダカ』 ヨコ&すばるの「地元の悪友」コンビの方でしたか。 メンバー、という形で出会ってなくても友だちになれたろうなと思わせる2人。それも「悪友」の方ね(^^) その2人が今コンビを組んだら、ただの悪友ではなく、楽器をセッションできるようになっているなんて…。 おばさんは感慨深いです。 『Winter Lov…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『NOROSHI』・1

前回からまだ久保田利伸を引きずる私。 『関ジャム』にてセッションまで…ありがとうございます。ブルーレイとDVD2枚焼きにして家宝にします。 緊張のあまりかタカツキングの顔が若干引きつっていたのが非常に印象的でした。 さて本題。まずはジャケ写に文句。 渋さを狙った…のかも知れないけど、シンプルというよりは、個々の写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白歌唱曲妄想&予想~V6篇

今年もありがたくも、この記事が書ける季節がやってまいりました。1年は早い。 …って去年は予想間に合わなかったんだっけ? (^^;) まずは寿印のV6篇。 ここはやっぱりス(強制終了) …いやまだ何も言ってない。『Supernova』とも『Swing!』とも言ってないっす。 どっちも絶対ないけどさ…妄想だから言うだけ言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パノラマ』・2~ホンモノのキング降臨

私たちアラフォー(そろそろアラフィフ)世代にとっては、久保田利伸はまさに“キング”です。 J-POPにファンクを持ち込み根付かせた立役者…などと私のような素人がわざわざ言わなくても、そのあたりは周知の事実。 そんな「ホンモノのキング」がタカツキングをプロデュース…Jwebで知った時、ひっくり返りましたよ。 こんなビッグな話題、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パノラマ』・1~何故か通常版の方が予約満了

何故だ。久保田利伸効果か。 『パノラマ』 バラードのバンド曲『侍唄』→アゲアゲ曲『罪と夏』からの、正統派アニソン。 こんな感じでシングル路線が一定しないのは、もはや「迷走」というより「脈絡なし」といった体。 これが関ジャニ∞らしさになりつつあるのかしら。 そうなら悪くないと思う。 さてその『パノラマ』、正統派アニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『罪と夏』~8月のすべてをあげられない~

4月から学校に通い始めたので更新が間遠になっていました。 半年ぶりエイトの新曲だああ。 幸いなことに冠番組があるんで、毎週新しい姿を見ることはできるんだけど、やっぱり曲をね。新しい曲を聞きたいじゃないですか。 今回はなんと6年ぶりのノンタイアップ(確かに『Wonderful World!!』から前作『侍唄』まで全部タイアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録~坂本昌行ミュージカルコンサート『ONE MAN STANDING』(2/7)・1

『ONE MAN STANDING』というコンサートタイトルに、まずシビれました。 坂本さんは、とにかくステージでの立ち姿が美しい人です。だから彼が1人でステージにすっと立つ画が、このタイトルを聞いただけですぐに浮かびました。 そして「ONE MAN」。特別であり、ありふれた、1人の男。 とても坂本昌行らしいタイトルだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけまして紅白&カウントダウン(紅白編)

あけましておめでとうございます。もう松の内とっくに過ぎていますが。 今年もこんな調子で、ぼちぼちのろのろ書いていこうかと思っています。 2015年は幸せな年でした。 が、体調不良に悩まされた年でもありました。 8月にエイトのリサイタル、9,11月がV6コンサート、12月がエイトのライブ、とチケット運には恵まれたものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』雑記・2

前回の続きです。 流れがノリノリに戻ったところから。 10.WASABI ハードなギターで始まるバンドサウンドなんで、バンド曲かと思っていましたが…ダンスナンバーですかね。 聞いた感じキメどころが結構あるので、これでダンスもカッコいいかな。 フレーズごとに韻踏むところ、特に「花火」が好き。 11.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』雑記・1

うちわもペンラも放り捨てて踊りてえ。 というのが第一印象。 特にスタートから5曲目までの、ノリノリの曲をたたみかける勢いにはまんまと乗せられました。 1.High Spirits 自分らだけの演奏でインストができるのがカッコいい…。 『関ジャム』での経験はデカいな、と改めて感じます。 ヨコのトランペッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽曲と演出のこまごま ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・3

☆楽曲編 楽曲で印象的だったものをいくつか。 メドレーではなく単独で聞けた『太陽のあたる場所』。 これが特に印象的だったのは、曲のクライマックスであるカミセンのラップ部分を、3人が並んで歌う姿が久々に見られたからです。 この曲は私の中では、V6初期の物語である“カミセンの成長譚”のテーマソングです。 実際、カミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せ ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・1

いつも通り、開場時間に代々木第一体育館に到着。さすがにデビュー記念日のツアーファイナル、いつもの3倍くらい人がいる。 でも想像していたようなソワソワした感じはなくて、これだけたくさんの人がいるのになんだかほんわかムード。 会場に入ってもそんな雰囲気で、「熱気むんむん」というよりはほんわか。 あの日代々木第一体育館は、館内だけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』詳細出ました

今回のアルバムタイトル聞いた時まず一番に思ったのが、 「ジャケットイラスト、“なんきん”※さんが描いてくれないかな」。 (※元ネタ『天才・たけしの元気が出るテレビ』のタイトルパックを描いていたイラストレーター) さすがにそれはなかったか。 けどパロディやるならそこまでやって欲しかった気もします。 OKAMOTO'S、KAN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『~此処から~』

さて。SUPER Very best もう一つの新曲、『~此処から~』。 20周年を記念してメンバー全員で詞を書き、イノが作曲した曲です。 メロディーはイノッチらしい(と思う)、全編ゆるやかなミディアムテンポ。歌詞は基本、自分で書いたものは自分で歌っています。 つまりは各人のソロパートが、歌っているその人の書いた詞、と判断して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セットリスト飛ぶ~V6ツアー『-SINCE1995~FOREVER-』横浜 9/20・楽曲編

(タイトルに書けなかったけどネタばれありご注意)↓ アイドルファンがよく使う言葉「一生ついて行きます!」が、口約束ではなく具体性を帯びてきました。 主に私の年齢的にですが(^^)、それだけではなく、ジャニーズらしい華やかさもあり、あたたかい雰囲気もあり、演出や歌やダンスに洗練された大人のセンスも感じさせる。 こんなステージを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・5 + おまけ

遅ればせながら、国分太一くんご結婚おめでとうございます。 坂本さんが事務所復帰する手助けをしてくれたり、暗黒時代のヒナの面倒を見てくれたり。 V6ファン&エイターである私は、太一くんにいくら感謝してもしきれません。 末永くお幸せでありますように。 さてリクエスト、最終投票です。 第七回目投票曲 ■シングル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・4

中断していた「リクエスト投票選曲過程」の続きを。 20周年コンサート見るまでに意地でも間に合わす。 第五回目投票曲 ■シングル曲部門 『over』(1998) 『UTAO-UTAO』(2005) 『Orange』(2005) 『over』はちょっと前の曲なんで正直忘れてたんだけど、ウォークマンのシャッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年夏・V6メドレーまとめ

この夏TVに出まくりのV6さん、歌った曲をまとめてみました。 『MUSIC DAY』 WAになっておどろう MUSIC FOR THE PEOPLE Darling 愛なんだ TAKE ME HIGHER Wait for You 曲数多いけど『Wait~』以外はサイズが短い 7分 →長くてうれしかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生声 ~関ジャニ∞リサイタル・長野8/9昼の部

(※ネタばれありご注意↓) ライブ部分のセットリストは、今回はさすがに覚えてる。 曲少なかったからね。 『がむしゃら行進曲』 『T.W.L』 『好きやねん、大阪。』 『無責任ヒーロー』 公演前にグッズが買えなかったので、T.W.Lのイントロで「しまった!タオル!」とあわてる。 グッズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『THE MUSIC DAY』・V6編

紅白で素晴らしい歌いっぷりだったから、克服したと思ってたのに。 『WAになっておどろう』坂本の歌い出し。 克服してませんでした。 第一音、Wow〜の不安定さに久しぶりにひっくり返る。 いつまでも安心させない男、それが坂本昌行。 そういうわけでV6の20周年スペシャルメドレー、こちらはエイトと違い(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『THE MUSIC DAY』・エイト編

ふなっしー頼みかよ。 …って感じでしたが、エイトのメドレーは。 日テレではアレを毎年やるのね。 まあ去年に比べると時間が短かったせいかグダらなかったし、オチはちゃんとついたからマシだったかな。ペーパー師匠の力は偉大だ。 去年私が大変ご立腹だった(^^;)のは、“10周年SP”と銘打った特別なメドレーなのに、アレなの!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more