テーマ:V6

『The Covers』

舞台『戸惑いの惑星』宣伝露出ラッシュで、何よりも楽しみにしていた『The Covers』。 一体どんな歌をカバーしてくれるのだろう…と期待しつつ、フタを開けてみると山口百恵さん『絶体絶命』と少年隊『まいったネ、今夜』。 ん?『絶体絶命』? 少年隊はわかるけど、百恵ちゃんは選曲意図全くわからず。ジュニア時代にでも歌ったか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『WAになっておどろう』に泣かされた日

あけましておめでとうございます。 例年のごとく、松の内が開け切ってからのスタートです。 今年もこんな感じで、全くタイムリーでなく、マイペースにやっていきます。 よろしくお願いいたします。 2016年紅白歌合戦。 エイトはトップバッターの重責を、きっちり果たしたと思います。 今年発表の歌を歌わせてもらえなかったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白歌唱曲妄想&予想~V6篇

今年もありがたくも、この記事が書ける季節がやってまいりました。1年は早い。 …って去年は予想間に合わなかったんだっけ? (^^;) まずは寿印のV6篇。 ここはやっぱりス(強制終了) …いやまだ何も言ってない。『Supernova』とも『Swing!』とも言ってないっす。 どっちも絶対ないけどさ…妄想だから言うだけ言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束の場所で ~J-FRIENDS再集結

KinKi Kids、紅白初出場おめでとう。 V6も祝3回目。 TOKIOは安定の連続出場。 遂に紅白で、J-FRIENDSが「再集結」する形になるのね。 この3組、他の歌番組ではしょっちゅう一緒に出ています。 でも紅白となると、意味合いが違います。 ジャニーズの紅白への出場は長いこと、2組に固定されていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「通常営業」に戻ります。

ブログ内容をしれっと通常営業に戻してます(^^) がん摘出手術して合併症で再入院してそのまま抗がん剤治療に突入。 その間に読んだ、同じような経験をした方々のブログがどれだけ励みになったことか。 そこで、私の経験も何かの役に立てばと思い、闘病記的なものを書き始めたのですが。 体調が悪くて物理的に書けない日もあれば、先行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなおいしいことが!

入院していた8~9月中のハードディスクの中身を、最近になってちまちま整理していたところ…あるものを見つけました。 8/15の『関ジャム』。 ジャニーズのレア曲をエイトがバンド演奏するという、特別版。 曲目は坂本昌行ソロ曲『Shelter』。 …ってオイ! 私が知らん間に、こんなおいしい事態が起きてたんかい!! と、く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「11月1日はV6デビューの日」

なんて、11月1日が公式の記念日にでもなったかのような一文ですが、これはWOWOWで11月1日に放映するV6特番のタイトル。 そうです、WOWOWさん今年もやってくれるんです。 と言っても、去年の事前スペシャル番組&ライブ本編の「再放送」なんですけどね。それも何度目かの。 でも11月1日という記念日の、しかも夜9時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録~坂本昌行ミュージカルコンサート『ONE MAN STANDING』(2/7)・1

『ONE MAN STANDING』というコンサートタイトルに、まずシビれました。 坂本さんは、とにかくステージでの立ち姿が美しい人です。だから彼が1人でステージにすっと立つ画が、このタイトルを聞いただけですぐに浮かびました。 そして「ONE MAN」。特別であり、ありふれた、1人の男。 とても坂本昌行らしいタイトルだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『関ジャム』と坂本昌行とスパッドと。

坂本さんが『関ジャム』に出る、というのは意外だった。 ジャニーズ随一の(そして唯一の、と言っても誰にも文句は言われまい)ミュージカルアクター・坂本昌行が、ジャニーズでは一番ミュージカルから遠い(^^)エイトと、一体どんな曲をセッションするのか。 予告で曲目を知りました、『監獄ロック』。 そうかその手があったか! 番組中でも少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけまして紅白&カウントダウン(カウントダウン編)

なんかだらだらしているうちに、世間には大変な嵐が吹き荒れていましたが。 まあ報道されていることを全部鵜呑みには出来ませんので。 真実は本人たちにしかわかりませんので。 今後の動向を注視していきたいと思っています。 つまりは通常営業を続けるってことなんですけど(^^)。 とりあえず、大倉くんは無事復帰できて良かった。 We…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけまして紅白&カウントダウン(紅白編)

あけましておめでとうございます。もう松の内とっくに過ぎていますが。 今年もこんな調子で、ぼちぼちのろのろ書いていこうかと思っています。 2015年は幸せな年でした。 が、体調不良に悩まされた年でもありました。 8月にエイトのリサイタル、9,11月がV6コンサート、12月がエイトのライブ、とチケット運には恵まれたものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オレンジ」ふたり。

エイトのライブ感想を書くのにも紅白の歌唱曲発表にも、完全に遅れを取りました。 が、これは黙っていられない。 V6の三宅健くんが、エイトのライブに来てくれて、Webの自分の日記『にこにこ健(その345)』にがっつり感想を書いてくれている。 どうやら『勝手に仕上がれ』がいたくお気に召したよう。健ちゃんOKAMOTO'Sとか聞いてそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

此処から次へ ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・4

書きたいことはまだまだありますが、そろそろ締めないと。 11月1日も幸せで、『学校に行こう!2015』もその後の『アメ―ジパング!』も幸せで、しばらくの間うっとりとひたっていましたが、事態はどんどん前に進んでいます。 それもまた、幸せなんだけど。 今だから言えますが、あの11月1日、ちょっと不安があったんです。 20周年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽曲と演出のこまごま ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・3

☆楽曲編 楽曲で印象的だったものをいくつか。 メドレーではなく単独で聞けた『太陽のあたる場所』。 これが特に印象的だったのは、曲のクライマックスであるカミセンのラップ部分を、3人が並んで歌う姿が久々に見られたからです。 この曲は私の中では、V6初期の物語である“カミセンの成長譚”のテーマソングです。 実際、カミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡 ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・2

■名言3つ。 「デビューした時もこの場所(代々木第一体育館)に立たせてもらいました。20年目に同じ場所に立っているのは、本当に奇跡だと思います。 30年、40年経って、もしまたここにいられたら、それは何と呼ぶんでしょうか」 坂本さんの挨拶。ここ数年、私が行った全コンサート(ジャニーズ以外も含む)の中でも指折りの名言です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せ ~ 11/1 V6コンサートツアーファイナル・1

いつも通り、開場時間に代々木第一体育館に到着。さすがにデビュー記念日のツアーファイナル、いつもの3倍くらい人がいる。 でも想像していたようなソワソワした感じはなくて、これだけたくさんの人がいるのになんだかほんわかムード。 会場に入ってもそんな雰囲気で、「熱気むんむん」というよりはほんわか。 あの日代々木第一体育館は、館内だけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『~此処から~』

さて。SUPER Very best もう一つの新曲、『~此処から~』。 20周年を記念してメンバー全員で詞を書き、イノが作曲した曲です。 メロディーはイノッチらしい(と思う)、全編ゆるやかなミディアムテンポ。歌詞は基本、自分で書いたものは自分で歌っています。 つまりは各人のソロパートが、歌っているその人の書いた詞、と判断して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セットリスト飛ぶ~V6ツアー『-SINCE1995~FOREVER-』横浜 9/20・楽曲編

(タイトルに書けなかったけどネタばれありご注意)↓ アイドルファンがよく使う言葉「一生ついて行きます!」が、口約束ではなく具体性を帯びてきました。 主に私の年齢的にですが(^^)、それだけではなく、ジャニーズらしい華やかさもあり、あたたかい雰囲気もあり、演出や歌やダンスに洗練された大人のセンスも感じさせる。 こんなステージを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・5 + おまけ

遅ればせながら、国分太一くんご結婚おめでとうございます。 坂本さんが事務所復帰する手助けをしてくれたり、暗黒時代のヒナの面倒を見てくれたり。 V6ファン&エイターである私は、太一くんにいくら感謝してもしきれません。 末永くお幸せでありますように。 さてリクエスト、最終投票です。 第七回目投票曲 ■シングル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・4

中断していた「リクエスト投票選曲過程」の続きを。 20周年コンサート見るまでに意地でも間に合わす。 第五回目投票曲 ■シングル曲部門 『over』(1998) 『UTAO-UTAO』(2005) 『Orange』(2005) 『over』はちょっと前の曲なんで正直忘れてたんだけど、ウォークマンのシャッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年夏・V6メドレーまとめ

この夏TVに出まくりのV6さん、歌った曲をまとめてみました。 『MUSIC DAY』 WAになっておどろう MUSIC FOR THE PEOPLE Darling 愛なんだ TAKE ME HIGHER Wait for You 曲数多いけど『Wait~』以外はサイズが短い 7分 →長くてうれしかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6にも“メンバーカラー”というものがあります。

ここ3年、夏は「セブンイレブン巡り」が恒例化していましたが、今年の夏は「ローソン巡り」をすることになりそうです。 ベストアルバム発売を記念して、ローソンが「V6くじ」やV6グッズを販売するので。 しかし調べてみるとローソン、セブンに比べて店舗数少なっ。関東圏は弱いとは聞いてましたが。 自宅から歩いて行けるところや最寄り駅周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『THE MUSIC DAY』・V6編

紅白で素晴らしい歌いっぷりだったから、克服したと思ってたのに。 『WAになっておどろう』坂本の歌い出し。 克服してませんでした。 第一音、Wow〜の不安定さに久しぶりにひっくり返る。 いつまでも安心させない男、それが坂本昌行。 そういうわけでV6の20周年スペシャルメドレー、こちらはエイトと違い(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・3

WebのV6楽曲リクエストのバナーが消えちゃってさびしいこの頃。 でもこの記事はまだ続きます。 第三回目投票曲 ■シングル曲部門 『僕と僕らのあした』(2007) 『only dreaming』(2010) 『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』(2013) バラードシングルから3曲。 『僕と僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・2

では続き、第二回投票分。 ■シングル曲部門 『LIGHT IN YOUR HEART』(2008) 『Swing!』(2008) 『太陽のあたる場所』(1999) 私のシングルベスト3。 『LIGHT~』は、「自分の胸の中の灯を信じろ」という歌詞に何度も励まされたました。 どうしたらいいのかわからなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6ツアー曲リクエスト・投票過程・1

来たよ来ましたよ、V6の20周年アニバーサリーツアー開催のお知らせ&楽曲リクエスト! 今回は1日1回、何度でも応募できるシステム。ある意味投票し放題です。 にしてもそこはやはりオトナなので、ある程度厳選して投票したい。 1回に投票できる曲は、シングル部門、カップリング・アルバム部門各最大3曲。 そこで、シングル曲を15曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年紅白歌合戦の思い出

さて、2014年の紅白です。 なんかしれっとジャニーズ枠増えてるし(^^)。 でもV6は「ジャニーズ枠」というより「NHK枠」という感じがするので、来年・・・じゃなくて今年はまた5枠に戻ってそうな気がします。 まあそれは置いといて。 ここに書いた歌唱曲予想、珍しく、V6もエイトどちらも当たりましたね。 ただしV6は「『WA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白歌唱曲予想・V6編

V6がMステに欠席なのは紅白のための体力温存。 だと思うのですがどうだろう。 さてさて紅白歌唱曲予想です。わくわく。 まず、「ないだろうけど歌って欲しい!」曲、No.1は スウィングジャズアレンジが効いてて、こんな小粋な曲はV6しか歌えない!と主張したい 『Swing!』 シングルだけど両A面でタイアップもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月26日は大変な日でした。

V6、紅白初出場発表。 丸山隆平誕生日、しかも歌番組で他のアーティストに祝われる。 ダブルでわたわたした1日でした。 まずはV6、おめでとう。 発表の会見の場にいる彼ら(森田剛欠席^^)を見たら、思ってた以上に嬉しさがこみ上げて来て自分でもびっくりしました。 紅白に昔ほどのステータスは感じなくなったものの、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V6、20年目突入。

11月1日です。V6、デビュー記念日です。 まー私が正式にファンになったのは3年目からですから、ファン歴は16年ですが。 16年・・・それでも気が遠くなる・・・ そんな20年目に向けて、新曲発売 今年はもう出さないかも、と思っていたのでうれしさもひとしおです。 『Sky's The Lim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more