ネタばれのない(多分)映画『銀魂2』感想

運動神経が鈍いからなのか、時代劇の殺陣ならともかく、最近のアクション殺陣(?)にはついて行けない。
スピードが早過ぎて、誰が何をして何がどうなっているのかが、よくわからないのだ。


『銀魂2』はしかし、そんなどんくさい私にも親切な作りだった。
メインの殺陣シーンにスローモーションを多用し、誰が何をして何がどうなっているのかが、ちゃんとわかるようになっていた。
ありがとう福田監督。


できれば前作の小栗銀さんVS高杉剛くんの殺陣もあれで見たかった(それはDVDで自分でやれってか。やったけど)。



『銀魂』は、原作漫画を2015年の頭くらいから読み始めるようになったけど、深入りするようになったきっかけは、やはりというかなんというか、関ジャニ∞だった。


たまたま水曜日が休みだった日にふと、夕方から『銀魂』のアニメが放映されていることを思い出し、何となく見てみた。


その時2015年の秋、『銀魂』のOP曲はOKAMOTO'Sの『Beautiful Days』。
そう、OKAMOTO'Sがエイトに初めて楽曲提供してくれたアルバム『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』リリースと同タイミングだったのだ。


そこで「あれ、OKAMOTO'Sの曲じゃん」と引っかかったのが運の尽き(また見たのが真選組・斉藤終が初登場する回だったのが悪かった…面白かった…)。


あっという間にハマり、主題歌集『銀魂Best』を1~3までコンプリートし、そこでいしわたり淳治さんの名前を覚えた。
Best2に収録されている『カートニアゴ』をすっかり気に入ってしまい、「この人の詞面白い」と思ったからだ。


まさかそのいしわたりさんが、数年後にエイトの番組『関ジャム完全燃SHOW!』の準レギュラーになり、エイトに曲提供までしてもらえる(※1)ことになるとは…。


『よりぬき銀魂さん』のOP『風のごとく』を歌った井上ジョーさんもエイトに曲を提供してくれた(※2)し、なにげに縁があります関ジャニ∞と『銀魂』。
と思いたい私(^^;)。(実際はソニーさんとインフィニティレコーズのパイプが太いだけ、ってハナシなんですが)



…なんてのんきに書いていたら、『銀魂』は9/15発売号で最終回だそうで。
まあ、ここのところの展開から、遅くとも年内には終わるかな、と予想はしていましたが…。
やはりさびしい。


個人的にいろいろさびしい年です2018年。



(※1 アルバム『ジャム』収録『DO NA I』)
(※2 アルバム『JUKE BOX』収録『レスキューレスキュー』)

"ネタばれのない(多分)映画『銀魂2』感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。