備忘録『ジャム』感想2

4.なぐりガキBEAT
正直、シングルとしては今一つインパクトなかった(^^;)。
でもアルバムの1曲として聞くと、「スカ」という独特の曲調が、アルバムをよりバラエティーに富んだ雰囲気にするのに一役買っていて、いい感じです。


5.夢への帰り道
淡々としたバラードを抑え目に歌っているせいか、聞くたびにじわじわと染み込んでくる。
ヤスのソロパートの詞が特にお気に入りです。


6.えげつない
『夢への帰り道』からのコレ。いい流れだ(^^)。

ライブ感想にも書いたけど、意表をついた振付が楽しかった。
ただ、大倉のラップパートの「コロコロ」が謎のまま…。なんなんだ「コロコロ」って…。


7.パノラマ
シングル発売時に記事書いてますが、付記すると、大サビのソロは亮ちゃんよりもヤスの方が良かったかなあ、と個人的に思う。

亮の甘めの声より、ヤスの張りのある強い声の方が、よりアニソンらしくなる気がします。


8.Never Say Never
ヤスくん印税生活への第一歩か!?(^^)v
いやでもすごいわ、ハリウッド映画の吹替版の主題歌を、メンバーが作詞作曲するなんて。

ヤスらしい、韻を踏みまくった歌詞が面白い。
ライブで残念だったのは、それがフルコーラスで聞けなかったことかな。
「作戦通り」が好きだったのにー。


9.侍唄
好きだあああ。
発売当初は記事書けなかったけど、初聞きからいきなり個人的シングルベストテンに食い込んだくらい、この曲好きなんです。

“V6ロス”ってた2015年年末に、この曲と『サムライブルース』を「侍メドレー」としてブックマークに入れ、何度リピートしたか。

話逸れますが、次のリメイクは『サムライブルース』をぜひ。
(初期のカップリングには名曲が多いんだよ…『プロ∞ペラ』とか…。)


10.S.E.V.E.N転び E.I.G.H.T起き

“7人なのにエイト”なので「七転び八起き」はいつかネタにされるだろう、とは思ってました(^^)。

ライブで盛り上がるための、ものすっごいわかりやすい曲(^^)。
Aメロの、ヨコとヒナの特徴的な声での掛け合いも良い。


続く。
…まだあと7曲もあるのか…。

"備忘録『ジャム』感想2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。