2018年、欠けたもの、飛び立つもの

2018年の芸能ニュース、個人的に最も衝撃が大きかったのは、“TOKIOが4人になってしまった”こと。
次が大杉漣さんの急逝、すばる脱退は・・・その次くらいかな。


実はTOKIOには、V6のファンになる前に、ハマっていた時期があるんです。ファミクラに入会してライブに行っていたほど。
ただ、形態が完全に“バンド”だったので、自分がジャニーズに求めているものとはちょっと違うな、と。
その後V6に出会い、彼らに大ハマりして今に至るわけです。

嫌いになってTOKIOファンをやめたわけではないので、その後も『鉄腕DASH!』は見ていたし、Mステに出る時はチェックしていました。
V6にとってTOKIOは、“盟友”でもありました。
V6が紅白に初出場した時、お互い楽屋で会って「感慨深いね」と語りあった話は、以前ここにも書きました。

私にとってTOKIOは、盤石の存在だったんです。どうかするとV6よりも関ジャニ∞よりもずっと、“そのまま”で存在し続ける人たちだと思っていました。危うさなど、かけらも感じたことのない人たちでした。


それが、まさか、こんなことになるとは。


私自身は人の親ではないけれど、年齢的には“親”の世代なので、怒りを感じる部分もありました。
それと同時に、TOKIOの熱心なファンの方たちのことを思うと、今はそこまで積極的にファンではない私が、ここで軽々しくこの事態に触れていいものか、という迷いもありました。


でも、時間が経って、TOKIOが好きなひとりとして正直に感じるのは、やはり寂しい、ということです。


先日放送されたカウントダウンコンサートの事前番組で、太一くんとイノッチが「J-FRIENDS、復活したいね」と言ってました。
そこで、気持ちがぶわっとあふれ出しました。


でもね、今集まってももう、『J-FRIENDS』じゃないんだよ。
あと『平家派』も、もう完全復活は出来ないんだよ。


そう思うと本当に、世界の中心で叫びたくなりました。
「寂しいよ~!!!!!」



ところでなぜ、一応エイターの私の中で、すばる脱退の件は“3番目”なのか。

TOKIOの件にしても、大杉さんの急逝にしても、私にとっては“ある日突然、前触れもなく、訪れたこと”です。
その分、受ける衝撃は大きい。

でも、すばるが関ジャニ∞を脱退することは、何だかどこかでわかっていたような気がするんです。
いつかこの日が来るんじゃないか、ということが。

多分、メンバーも無意識のうちに、どこかで予感していたんじゃないかな、と思う節があります。
メンバーのうち2人も、脱退会見の席がすばるの“晴れ舞台”であると言ったんですよ。

亮は会見の席で直接言っていたし、その後放送された『ジャニ勉』でも、ヨコが「あそこはすばるの晴れ舞台だと思ってたのに、先に泣いてごめんな」と言っていた。

やっぱりどこかで、もうちゃんと覚悟が出来ていたんだと思う。
でないとマイナスイメージがつきまとう“脱退会見”で、“晴れ舞台”なんて前向きな言葉、出て来ないんではないかと。


いつか飛び立つであろう人が、飛び立つべき時に、飛び立って行った。
きっとただ、それだけのこと。


そして自分は、これまでの関ジャニ∞もこれからの関ジャニ∞も、応援していくだけです。




なんて言って、正直まだ、これからの関ジャニ∞の形をつかみかねているんですよね~(^^;)。
やっぱ6人での楽曲は、まだ3曲しかないからかな。

新曲『crystal』と、そのカップリング曲に期待。・・・でも6人でのアルバム出るまでは、つかめないかな~。
そこを探り探り行くのも、ま、一つの楽しみではあります。
そう思えるくらいには、気持ちの整理はつきました。




もうあと数時間で、エイトは本当に6人になっちゃうんだね。


渋谷すばると、関ジャニ∞の行く先に幸あれ。
そう祈らずにはいられません。




TOKIOと、“彼”の行く先にも。

この記事へのコメント