『NOROSHI』・1

前回からまだ久保田利伸を引きずる私。
『関ジャム』にてセッションまで…ありがとうございます。ブルーレイとDVD2枚焼きにして家宝にします。
緊張のあまりかタカツキングの顔が若干引きつっていたのが非常に印象的でした。



さて本題。まずはジャケ写に文句。
渋さを狙った…のかも知れないけど、シンプルというよりは、個々の写真をただ並べただけに見えちゃう。
もうちょっとデザインを考えて欲しかったなあ。
中身の楽曲そのものはどれもすごく気に入ったから、そこは余計に残念だった。


その中身ですがまずは『NOROSHI』。
ギターの♪ジャカジャーンではなく、ベースの低音から始まるのは、この曲が初めてではないでしょうか。
これにまず「おっ」と思わせられる。

歌詞も好みです。
特に、亮ちゃんがMステで「なかなか歌番組で歌わせてもらえない」とスネていたCメロがいい。
すばるソロの「背中に触れる」がいいんだよなー。

こういう場合「背中を押す」と言いがちだけど、「押す」までもない、スッと触れるだけで充分、っていう感覚が好きだ。
このCメロ聞いてこの曲全体が一気に気に入って、早く音源が欲しくなったもんです。


『Black of night』。
『Dye D?』といい、安田の章ちゃんは「カッコいいものを!」と思って作ると、なんかダークな方向に行きがちな気がする。しかも中二っぽい(^^;)。

しかし今回は、歌詞の内容が暗いのに、それに反してメロディーがメジャーコード寄りなんですよね。
そこが妙にクセになります。


『ふわふわポムポム』。
なんだこの今さらなカワイイタイトル。と期待してたら丸山隆平作ね。ハイハイ(^^)

ま、やるならここまで振り切ったらアリかな、と思う。
丸山隆平作と言えば(キャンジャニのアンサーソング『夏の恋人』は特殊例なので除いて)『MAGIC WORD~僕なりの…』、『ワンシャン・ロンピン』ですが、どちらもイイ子ちゃん過ぎて面白みを感じなかったんですよねー。
普段ふざけてても基本マジメだからこうなっちゃってたんでしょうけど、やっと「ここまでは崩していい」ラインをわかってきたのかな。


『ハダカ』、『Winter love song』については次回。

そしてまた今年も、紅白歌唱曲予想に間に合わなかった…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント