V6ツアー曲リクエスト・投票過程・3

WebのV6楽曲リクエストのバナーが消えちゃってさびしいこの頃。
でもこの記事はまだ続きます。



第三回目投票曲

■シングル曲部門
『僕と僕らのあした』(2007)
『only dreaming』(2010)
『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』(2013)

バラードシングルから3曲。
『僕と僕らのあした』。V6には珍しい手振りがある人気曲『HONEY BEAT』と両A面だったせいか、埋もれちゃった感のある曲。すごく感動的なバラードなのにー、とこの機会に掘り起こすつもりで投票。

『only dreaming』と『君が思い出す~』は以前散々語り倒したので、こちら(オンリー君僕)で。


■カップリング・アルバム曲部門
『ちぎれた翼』(2004)
『クロール』(1999)
『OPEN THE GATE』(1999)

私のトニセン曲ベスト3。
音源化される前にコンサートで披露され、歌詞のドラマチックさで大反響を呼んだ(私のまわりでは)『ちぎれた翼』。
90年代ヒットメーカーの中西圭三さんが作曲に参加、キャッチーさ全開の『OPEN~』。
この2曲は当時シングルカットしてよ~と思ったけど、今になって思うと、トニセンのシングルとしてはやはり『WISHES』と『Precious~』で良かったなと。
『ちぎれた翼』と『OPEN~』は確かに「売れそうな」曲ではあったけど、トニセン独自のカラーを追求するなら、『WISHES』と『Precious~』で正解だったと思います。

ちなみに『OPEN~』には、私が最初に勤めた会社に辞表を出す朝、勢いつけるために電車の中でエンドレスで聞いた、という思い出があります。

『クロール』は、さわやかなタイトルの割にイントロはマイナーコードだし歌も暗ーく始まるけど、そこからサビに向かって突き抜けていくのが爽快。
『太陽のあたる場所』といい、私はこういう構成が好きなんだなと実感。



第四回目投票曲

■シングル曲部門
『COSMIS RESCUE』(2003)
『IN THE WIND』(2000)
『自由であるために』(1999)

『COSMIS RESCUE』は、歌うなら絶対大サビの剛ソロありでお願いしたい。
あれがないとコスミック聞いた気がしない!

『IN THE WIND』はシングルとしては圧倒的に地味(^^;)。でも洗練されたカッコ良さがあって、発売当初から大好きな曲でした。
その後も長年私の中のシングルベストテンに残り続け、今改めて聞いてもまったく色あせていない。
今歌ったら、さらにカッコ良くなりそう。聞きたいなあ。

『自由~』は逆に、今歌うとちょっと青くさ過ぎるかも。でも好きなので投票。


■カップリング・アルバム曲部門
『MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~』(1996)
『Feelin’ Alone』(1999)
『Don’t Stop The Refrain』(2000)

『MIRACLE~』。イントロ聞くだけで理屈抜きにワクワクする。学校のチャイムをアレンジしたメロディーをイントロと間奏に入れたのが、とても効果的と思う。

『Feelin’ Alone』は、「見えない星を探してる」という歌詞が当時の私にはとても刺さりました。これも会社辞めるかどうか悩んでた時、よく聞いていた覚えがあります。1999年は悩み多き年だったんだな(^^;)。

『Don’t Stop~』。初期の楽曲は歌割というものがほとんどなく、あっても坂本か井ノ原のソロ、という構成がほとんどでしたが、全員にほぼ平等な歌割ができた曲はこれが(多分)初めてだったのではないかと(長野とイノはデュエットでソロではないけど)。そういうことで非常に印象深い曲。
単純にカッコいい楽曲だったしね。



これをつらつら書いている間に、『COUNT DOWN TV』で「V6の好きな歌ベスト10」という特集をやっていました。
私は知らなかったので参加できなかったけど、ある程度の傾向がわかって興味深い結果でしたね。

個人的には『バリバリBUDDY!』や『UTAO-UTAO』がベストテン入りしているのを見て、「同志がいた!」と思わずニヤリ(^^)。

コンサートのセットリストが楽しみです。まだチケット申込の通達来てませんが。焦らすなあ・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント