『関ジャニズム』アルバム雑記・1

通常版の初回プレス版スリーブ、裏を思わず二度見。
曲順のところにシール貼ってある。しかも通常版だけじゃなかった。初回限定版全部に貼ってあります。
印刷落ち?ミスプリ?
シール剥がしたい衝動と戦っています。
いやあ第一弾からかましてくれますインフィニティレコーズ。

では本編。
聞き始めてようやく一週間ですが、例によって第一印象を書き残しておこうと思います。

5曲目『Masterpiece』くらいまでは、トータルでジャニーズワールドなノリで、『ココロ空モヨウ』~『ゆ』あたりでちょっと清涼感を入れ、『ER2』から一気に濃くなっていく。というのが全体の流れの感想ですね。



1.EJコースター

こういうジャズ調のダンスナンバーは、ジャニーズの「スタンダード」だと思います。
今まで長くジャニーズを見て来た方には、どのグループででも、こういう楽曲に見覚え・聞き覚えがあるんじゃないでしょうか。
ちなみにV6は、こういうジャジーな楽曲は得意です(^^)。

でもエイトがこういうナンバーをやるのは新鮮だなあ。
ダンスナンバーを強化してくるかもな、とは思ったんですが、『ブリュレ』系の激しいナンバーを予想してたんで、こんな正統派で来るとは思わなかった。
合間にセリフをはさんだりといったアイドルっぽさも入れつつ、非常にオシャレな楽曲に仕上がってると思います。



2.FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN

『夜ふかし』のせいで、こういう曲調はもうパーティーピーポーしか浮かばない
(^^;)。
でもこの感じで「カン ジャニ エイト」ってラップされると、ややダサいグループ名(あっ言っちゃった)でもカッコよく聞こえるから不思議。



3.三十路少年

はい、レジェンド曲誕生しました。「枕の変な匂い」の衝撃よ。
これ歌えたらもう何も怖いものないと思います。前山田さん楽しそう(^^)。



4.キング オブ 男!

前の曲最後の大倉のつぶやきからの、太鼓の「ドドン!」の入り方の絶妙さ。思わず噴き出しました。曲のつながりで笑わせるってすごいわ。
それにしても改めて聞いて思う、この曲の濃さは半端ない。
(シングル発売時の記事はこちらです)



5.Masterpiece

『ブリュレ』系後継曲(と勝手に思う)。
ま、典型的なジャニーズのダンスナンバーね、と最初は思ったんですが、聞いているうちにだんだんハマってきました。

ラップで入ってメロディーを単調にしたAメロから、Bメロで少し上げて、サビで一気にドンと上がる感じがたまらないです。音を一瞬落とす部分とか、気を引くテクニックにまんまとはまるチョロい奴です(^^;)。



5.ココロ空モヨウ

もともとさわやかな曲なんだけど、ここまで押しの強い曲が多かったんで、余計にさわやかに聞こえます。この辺り、曲の並べ方うまいと思います。
(シングル発売時の記事はこちらです)



6.ひびき

『Dr.DMAT』の思い出と直結します。あのドラマは、響くんが覚醒してからが面白かった。
(シングル発売時の記事はこちらです)



7.ゆ

すばるにしては、ずいぶんストレートな歌詞だなあ。本心なのか、それとも狙いなんでしょうか。
楽曲中の掛け声が「ゆ」というのが斬新。特に連呼するところが。ライブで、みんなで一斉に「ゆ!」と叫ぶのを楽しみにしています。



さてここからが濃いラインナップ、文章もつられてだらだら長くなってしまったので、次回へ続きます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント